ジェルネイルキットの口コミ・評判ランキング
ジェルネイルキット口コミ > ジェルネイル活用術 > お月見・十五夜ネイル活用術・テクニック

お月見・十五夜ネイル活用術・テクニック


お月見・十五夜ネイル活用術・テクニックについて一般の方の声を集めて紹介します。

会えてアシンメトリーにするとセルフでも素敵に見える

ちょっとかわいくなりすぎるリボンネイルも、あえてピンク系ではなく締まるカラーのフレンチを施してから薬指一本だけや小指に一本だけ細目のラインでリボンを入れることで大人かわいいネイルになります。下はクリアー上は細目にフレンチをして、境目にゴールドかホワイトでラインを引きつつリボンを書きます。この時太目に書いてしまうと子供っぽい印象のリボンになるので絶対に細目の筆でさっと書き上げるのがコツ。すべての指をフレンチになするのではなく、あえてリボンつきフレンチの指の本数を少なくしてアシンメトリーにすることでおしゃれさがグッと上がります。ボルドー、カーキ、グレイ、紺などの大人カラーとの相性も抜群で一本だけゴールドの塗りつぶしの指をつくるとより豪華になります。

マットなブラックでモードに、かつセルフネイルで出来るレオパード柄のオススメネイル

今回はマット系のブラックに合わせて、重くなりがちな色味をレオパード柄にすることでモードかつセルフネイルで出来る方法です。必要なものジェル(マット)①下準備②ジェル(ベース)※剥がれやすい、外れやすいと心配の方はプライマーを忘れずに塗ってください。③ブラックカラーを塗ります④硬化⑤もう一度、ブラックカラーを塗ります⑥硬化⑦更に漆黒にするために、ブラックカラーを塗ります※一度、手を光に当ててムラが無いか確認して下さい⑧硬化⑨レオパード柄をブラックカラーで出来るだけ立体的になる様に、カラーを多めに乗せてください。⑩硬化⑪もう一度レオパード柄を重ねて、より立体的にして下さい。⑫硬化⑬全体にジェル(トップ)⑭ジェル(マット)※拭き取り式ならここで拭き取って、完全にマットにしてください。⑮上からレオパード柄の部分にだけ、ジェル(トップ)を重ねて下さい。⑯硬化以上でマットなレオパード柄の完成です。大体セルフネイルだと3時間~程です。ブラックなので、それでも重たく感じると言う方はフレンチにしてもかっこいいです。その場合は、フレンチの部分だけをマットにして下さい。下の透明な部分は塗らないで下さい。

卒園式、卒業式のママの少しだけおしゃれ上級者ネイル

幼稚園の卒園式、小学校の卒業式のママが施して来るネイルは、ベージュ系か白の冒険しない式典用ネイルがほとんどです。しかし、卒園式や卒業式の後に謝恩会がある場合も多いですよね。そこで、やはり謝恩会も意識した少しだけ他のママとは差をつけちゃうおしゃれネイルをご紹介します。周りは白やベージュが多い中、あえて濃紺チョイスです。上部かなり高い位置に逆フレンチを濃紺で施します。フレンチの再上部はラインは引かず、大きめのクリアのストーンを中心にストーンとシルバーのブリオンを端から端に施し華やかさをUPします。実際に私も息子の卒業式の際にこの濃紺のネイルをして行きましたが、濃紺を施したのは両手人差し指と薬指、合計4本です。この指以外は全て、シルバーのラメで浅いフレンチにしました。シャープな印象で、式典、謝恩会出席用の紺、黒系のお洋服やお着物にも映えるとてもおしゃれな大人な指先に仕上がります。人差し指と薬指に濃紺を施したのには、式典+謝恩会ならではの理由があって、謝恩会に出席の際にはお着替えする方も多いですよね?また、左手薬指の結婚指輪の他に、この時ぞ!の指輪を右手の薬指、もしくは左手の薬指に結婚指輪+ダイヤやパールをしている方も多いのでは?と思います。(私がそうでしたので)紺色の指先に光る指輪。実はこれがとても映えるのです。たまにしかして行かない特別光る指輪の場合でも、そうでもない指輪でも、とても素敵な印象になるので、本当におすすめです。シルバーの浅いフレンチはちょっと抵抗が。と言う方は、薄めのミルキーカラーのベースの上にシルバーのグラデーションもおすすめです。濃紺+ふんわりで、甘辛な印象になります。

アウトドアにおすすめのジェルネイルは、やる気を感じられるナチュラルネイル

アウトドアに出かけるときにおすすめのジェルネイルは、華奢なネイルよりも元気でやる気のあるデザインネイルです。アウトドアと言えば、男女のグループでバーベキューをしたり、キャンプに行ったり、釣りをしたりします。そんな時にピンク色などで可愛くデコったネイルをしていても、アウトドア嫌い女子に思われてしまうので注意です。私は、水色ジェルをベースにして、自然をモチーフにした小鳥を描いたりしています。小鳥は可愛さも感じるデザインですし、水色は空の色とマッチして、ナチュラル系の女子を演出できます。もちろんお料理したりすることもあるので、大きなパーツを使わない方が、アウトドアに対してやる気を感じられるのでおすすめです。

りぼんだけでもたくさんの種類のネイルアート

リボンというとやはりかわいいイメージですね。そのリボンですが色々な種類のリボンアートがネイルだと可能です。そのネイルアートをご紹介していきます。まず、ジェルやアクリル絵具などで描くリボンです。これはフラットアートとも言われていて立体的ではないネイルアートですが、リボンの真ん中をストーンやパールを置くことで更に華やかに仕上がります。そして存在感を出したい方にぴったりなエンボスアートでのリボンアート。これはスカルプチュアネイルで用いるアクリルカラーパウダーを使用し制作するもので爪の上で直接整形するのと、3Dアートといい、アルミホイルの上であらかじめ制作したものを爪にのせるものとあります。エンボスのほうが取れにくさはありますが、この2つは立体的でリボンアートを目立たせるにはぴったりなリボンアートです。

アウトドアにおすすめのジェルネイルは、やる気を感じられるナチュラルネイル

アウトドアに出かけるときにおすすめのジェルネイルは、華奢なネイルよりも元気でやる気のあるデザインネイルです。アウトドアと言えば、男女のグループでバーベキューをしたり、キャンプに行ったり、釣りをしたりします。そんな時にピンク色などで可愛くデコったネイルをしていても、アウトドア嫌い女子に思われてしまうので注意です。私は、水色ジェルをベースにして、自然をモチーフにした小鳥を描いたりしています。小鳥は可愛さも感じるデザインですし、水色は空の色とマッチして、ナチュラル系の女子を演出できます。もちろんお料理したりすることもあるので、大きなパーツを使わない方が、アウトドアに対してやる気を感じられるのでおすすめです。

リボンのデザインは実はとても簡単なのです

リボンって可愛いですよね。いろんな書き方があります。いくつか教えていきます。まずは、1番ベーシックなやり方から。ベースジェルを塗って土台になるすきなカラーを塗って、アクリル絵の具をつかって爪の上にデザインしていきます。角は柔らかい三角2つとその間に四角を書いて組み合わせると可愛いです。リボンだけだと締まりがないので、縁取りにラメラインを使ったりするととても可愛くなります。あとは背景のジェルの色とリボンの色がよく似ていると同化してしまい何を書いているかわからないので極力さけたほうがいいです。それでもしたい方は、黒で縁取りをおすすめします。絵が苦手だなっていう方は、三角のスタッズを2つ準備します。それを組み合わせるとリボンになります。こちらはとても簡単なので、どなたでもできると思います。背景はドットとかにすると可愛いですね。

マットラインのブラックカラーで、さらにモードっぽさを追求したオススメネイル

必要なものブラック(シロップ)ドットペン(無ければ綿棒でも可能)①下準備②ジェル(ベース)③全体にブラックカラー(シロップ)を塗ってください※もしシロップの色味がないかたは、ブラックを薄く全体に塗りジェル(トップ)でぼやかしてください。④硬化⑤もう一度、ブラックカラー(シロップ)を塗ってください⑥硬化⑦全体にブラックカラー(通常)にドットペン(もしくは綿棒)をつけて、全体にポンポンと押すようにドットを描いて下さい。⑧硬化⑨上と同じブラックカラー(通常)で爪の周りをラインで囲ってください⑩硬化⑪ジェル(トップ)⑫硬化⑬ジェル(マット)⑭硬化もしドットのみをジェル(艶有り)でドット柄をハッキリさせたい方は、ドットを立体的にぷくっとさせてからジェル(マット)を塗った後に、ジェル(トップ)でドット部分を重ねると全体をマットにドットだけを艶有りに出来るので、普通では物足りない!と言う方にオススメです。大体セルフネイルだと3時間~程になります。

卒業式にはきちんと感の出せる工夫と明るい色のジェルネイルがおすすめです

卒業式のイメージは、春や涙、寂しさや別れなど少し暗いイメージになってしまいがちです。そんな時、ネイルまで暗いと、気分がもっと沈んでしまいますよ。ですから私は、敢えて明るく華やかな印象のネイルをジェルネイルで作ります。卒業は旅立ちでもありますが、出発でもありますから、明るいネイルがおすすめなんですよ。まず、季節が春ということで、サクラ色のネイルも可愛いですね。原色のネイルや派手過ぎるものよりも、明るいパステルカラーのネイルが、可愛くておすすめです。サクラ色もパステルカラーのネイルもどちらも可愛いですが、ひと工夫をしてみるのが良いです。白いパールのパーツを合わせて、きちんと感を出すと、静粛な雰囲気も出せておすすめです。

アウトドアでは怪我に繋がらない様にシンプルなネイルにします。

アウトドアでは基本的にネイルはしません。どうしてもしたい時は爪を長くしていると爪が割れたり、他の人に怪我をさせたりと事故につながるので短めのラウンドにしています。ラインストーンも使用せずにマーブル模様にしたりステンシル、シール等を使ってシンプルにしています。寂しいなと感じたらパウダーを混ぜたりグラデーションをベースにしたりしています。アウトドアの内容にもよりますがスポーツならそのスポーツのモチーフを描きます。テニスだとベースは落ち着いた深緑系、そこにラケットやボールを描いています。キャンプだとテント、バドミントンだとシャトルを描きます。兎に角、自分自身もですが一緒にプレイしたり遊んでる人も怪我をさせないのが一番なので特に集中力の必要なスポーツやアウトドアではネイルはしない様にしています。

女友達からも褒められる率が高いリボンネイル

リボンネイルは女友達とお買い物に行ったりするときにおすすめです。女子って、結構人のファッションやネイルデザインなどを良くチェックしているんです。定番のドットデザインとかハートデザインなんかは、ガーリーになり過ぎて、女子的にはパンチが足りないと思われがちなんです。でも、リボンネイルって、可愛さもあるけど、デザインを変えることによって、すごいバリエーションが豊富でオシャレに見えるんです。レース系のリボン、立体的なリボン、ストーンで作ったリボン、どのデザインもジェルネイルだから丈夫だし、取れちゃう心配もないから、自信を持ってリボンネイルを楽しめます。女友達から褒められる率もすごく高いので、おすすめです。

アウトドアでは怪我に繋がらない様にシンプルなネイルにします。

アウトドアでは基本的にネイルはしません。どうしてもしたい時は爪を長くしていると爪が割れたり、他の人に怪我をさせたりと事故につながるので短めのラウンドにしています。ラインストーンも使用せずにマーブル模様にしたりステンシル、シール等を使ってシンプルにしています。寂しいなと感じたらパウダーを混ぜたりグラデーションをベースにしたりしています。アウトドアの内容にもよりますがスポーツならそのスポーツのモチーフを描きます。テニスだとベースは落ち着いた深緑系、そこにラケットやボールを描いています。キャンプだとテント、バドミントンだとシャトルを描きます。兎に角、自分自身もですが一緒にプレイしたり遊んでる人も怪我をさせないのが一番なので特に集中力の必要なスポーツやアウトドアではネイルはしない様にしています。

ティファニーネイルで上品な手元に、かつセルフネイルで簡単オススメネイル

今回は淡いブルー+リボンを使ったティファニーネイルで、セルフネイルなので簡単オススメです。必要なものホワイトリボンシール(簡単なので初心者の方でも描けますので、無くても大丈夫です。)①下準備②ジェル(ベース)③淡いブルーカラー(ターコイズブルー)を全体に塗ります④硬化⑤ムラを無くすため、もう一度塗ってください⑥硬化⑦+←ボックスに結んだリボンの様なラインを描いていきます⑧硬化⑨ラインの上から、バランスよくリボンのシールを貼り付けていきます。※又はホワイトカラーで描いてください。横に八の字を描くようにするとリボンらしくなります。⑩硬化⑪ジェル(トップ)⑫硬化⑬ジェル(トップ)⑭もしリボンシールのみで良ければここで終了です。パールやストーンを乗せたい方はここでアレンジして、トップ(ジェル)をして完成になります。大体セルフネイルだと3時間~程です。ブルーにも様々な色があるので、色んな色味でチャレンジしてみてください。

おとな可愛くグラデーションネイルをマット仕上げに、オフィス勤めの方にもオススメネイル

今回はホワイトカラーのグラデーションをマット仕上げに、オフィス勤めの方にもオススメのアレンジネイルです。必要なもの無し①下準備②ジェル(ベース)③爪先に1度 ホワイトカラーを塗る∩←大体、爪先から上に4等分して、1番上を塗る形④硬化⑤先程塗ったホワイトカラーより、爪先の幅を広げてもう一度ホワイトカラーを塗り重ねる。∩←2等分目から1等分目を重ねて塗る形⑥硬化⑦更に幅を広げて、ホワイトカラーを塗り重ねる∩←3等分目から1等分目に掛けて塗る形⑧ここで硬化はせずに、筆にジェル(トップ)を取り、ぼかしてグラデーションにします。⑨硬化⑩ジェル(トップ)⑪硬化パールやストーンを乗せたい方はここでアレンジして、トップ(ジェル)をして完成になります。大体セルフネイルだと2時間~程です。グラデーションで、とても綺麗かつ色んなカラーの時にも生かせる技なので是非。やってみてください!

卒業式でのネイルは目立って、個性的なデザインがおすすめ

卒業式で着る袴は普段なじみがなく、ネイルデザインも悩んでしまいますよね。卒業式のネイルデザインは、友達とかぶらない個性的なデザインがおすすめです。袴の色と合わせることで統一感を出せますし、オシャレな感じが出るのでベースの色は袴と揃えましょう。そしてその色はできるだけマットなものを選ぶと、目立って良いですよ。卒業ということで、ラインストーンを星の形に敷き詰めて並べてポップな感じに仕上げるのがおすすめです。ラインストーンを置くことで一気に華やかになります。ジェルネイルなので爪はなめらかになり、写真映えもばっちりです。一生残る写真だからこそ気合を入れたいですよね。そんな時はジェルネイルでやってみてくださいね。

アウトドアイベントにもジェルネイルは大活躍

私は、アウトドアが大好きです。連休がとれるたびに、全国各地にアウトドアのイベントを求めて出かけます。ナチュラルな生活を体験するイベントから、音楽イベントを聴きに行ったり、エコを大切にしたイベントに出かけたりします。そんなアウトドアな休日を過ごす私なので、イベント中にメイクはほとんどしません。ですが、ネイルだけは必ずジェルネイルで仕上げていきます。ジェルネイルは自爪のような感覚なので、全然邪魔にならないですし、自然なオシャレ感を生み出してくれるのです。アウトドア中のジェルの色は明るい色が好きです。メイクをするより爪先にジェルを施しているほうが、ずっと可愛くてナチュラルで大好きです。そして一番おすすめジェルデザインは虹のアートです。指先に虹を描くだけで、自然と一体となっているように感じます。

40代の女性に、是非おすすめしたいリボンネイル

40代半ばの私も、時々若い娘さん達のように白くて大きい3Dのリボンや、ミニーちゃんのリボンのような水玉模様の3Dリボンに挑戦したいな。。。と考える時があります。年齢的に恥ずかしい。と言うこともそうですが、家事をする際に邪魔になってしまうだろうな。と現実を思うと、いつも考えるだけで終わってしまいます。その為、家事をしなくても良い旅行へ行く時や、あるいは会社がお休みの機会を狙って、挑戦をしようと目論んでいます。次の旅行の機会はいつかと言えば、実はまだ計画が全然無いので、冷めない自分のリボン熱の為に、少し工夫をしてみました。小さくてもかわいいリボンのデザインについて。抑え目のピンク(少しグレーっぽいピンク)のワンカラーに、ゴールドの三角のスタッズ2つをリボンに見立て、上の方のセンターに乗せました!全ての指に乗せてもかわいかったです。10本全てだと、ちょっとつけ過ぎかな?と思われる方は、両手で5本にし、三角スタッズのリボンを乗せない指には、小さめのパールを乗せてもかわいいです。逆フレンチにななめリボンでもかわいかったので、スタッズリボンを時折施しています。

アウトドアイベントにもジェルネイルは大活躍

私は、アウトドアが大好きです。連休がとれるたびに、全国各地にアウトドアのイベントを求めて出かけます。ナチュラルな生活を体験するイベントから、音楽イベントを聴きに行ったり、エコを大切にしたイベントに出かけたりします。そんなアウトドアな休日を過ごす私なので、イベント中にメイクはほとんどしません。ですが、ネイルだけは必ずジェルネイルで仕上げていきます。ジェルネイルは自爪のような感覚なので、全然邪魔にならないですし、自然なオシャレ感を生み出してくれるのです。アウトドア中のジェルの色は明るい色が好きです。メイクをするより爪先にジェルを施しているほうが、ずっと可愛くてナチュラルで大好きです。そして一番おすすめジェルデザインは虹のアートです。指先に虹を描くだけで、自然と一体となっているように感じます。

大好きなキャラクターのリボン柄ジェルネイル

私はどの世代の女の子にも愛されている、猫で有名な某人気キャラクターが大好きで、リボン柄のジェルネイルを活用しています。私はもう20代後半の年齢ということもあり、そのままの派手なキャラクター柄のネイルを付けたり、大っぴらにキャラクターネイルを付けているとバレるのは恥ずかしいんです。なので、そのキャラクターにとってチャームポイントでもある、大きな赤いリボンだけを、ジェルネイルでアートして楽しんでいます。ネイルのベースはいつも薄いピンク色です。そこに真っ赤なリボンを描くのですが、丸みがあって、立体的なデザインの方が可愛いので、おすすめです。これなら大人な私でも堂々とキャラクターのリボン柄を、さりげなくネイルで楽しめるので、嬉しいです。

ポップなマーブルネイルをマットでおとな可愛く、かつ簡単セルフで出来るオススメネイル

今回は簡単かつ時短のセルフネイルで出来る、マーブルネイルをマットに仕上げておとな可愛いネイルのご紹介です。お家にあるもので出来るので、オススメです。必要なものジェルカラー(爪全体のベース色→今回は例としてホワイトにします、以下同じく)ジェルカラー(マーブル色として乗せる色①→ピンク)ジェルカラー(マーブル色として乗せる色②→ゴールラメ)お好みでパール、ラインストーン小さく切ったサランラップ①下準備②ジェル(ベース)③爪全体にジェルカラー(ベースとなる色)を塗ってください⑤硬化⑥もう一度、上と同じジェルカラーをムラなく塗っていきます。⑦硬化⑧サランラップをくしゃくしゃにして、軽くほぐしてください。⑨その後に、必要なもので用意した①②をサランラップの角にちょんちょんと置くように塗ってください。⑩先程全体に塗った爪の上に、サランラップの角を軽くトントンとまんべんなく押し当ててください。⑪硬化せずに、薄くジェル(トップ)でぼやかすように塗ってください⑫硬化⑬ジェル(トップ)⑬お好みでラインストーンなど置いていきます⑭硬化⑮ジェル(トップ)⑯硬化⑰ジェル(マット)⑱硬化拭き取りタイプのものは、クレンザーで拭き取って終了です。※外れやすい方はプライマーをジェル(ベース)前に塗ってください。また、心配な方はもう一度ジェル(トップ)を塗ってください。セルフネイルで約2時間~程になります。是非、やってみてください。

桜色で卒業式につけていても何ら不思議ではない

桜色で卒業式につけていても何ら不思議ではない色といえば桜色であります。桜は日本のスプリングシーズンに咲く花であります。また、桜は古来から日本人に親しまれている花でありますので日本人が悪いように思ってしまうようなことはなく日本人に好感を得られると思うまた、近年ジャパニーズカルチャーに興味を持つ外国人の中でも桜は人気でありますので外国人もものすごく好感を得ると思えました。以上のことから桜は世界共通の人気の色でありこれからの卒業式シーズンや卒業前の慰労会やお別れ会、二次会、三次会においても何らおかしくないおしゃれな最もその場にふさわしいネイルになるのではないのかなという風にも思っています。ぜひ皆さんにも使っていただきたい

夏の海水浴におすすめの足元のジェルネイル

夏場の海水浴場では、ビーチサンダルや素足で砂浜を歩くことも多いのではないでしょうか?砂浜では足元の淡い色はあまり目立ちません。また、せっかくかわいくマリン風の細かいデザインを入れても、砂なのか、デザインなのか遠目からは見えないこともあります。そんな時は、明るいパッションカラーがおすすめです。デザインをあまり細かかくせずに、できるだけ大きな柄か単色のデザインの方が目立ちます。足元のミサンガの色に合わせてジェルネイルの色を決めるのもおすすめです。単色の明るい色では子供っぽくなってしまうかもと思うかたにはパステルカラーで少し落ち着きを出すのもおすすめ。ただし、デコレーションのしすぎはあまりお勧めできません。

リボンネイル 色々な方法でやってみましょう

リボンネイルとっても可愛いですよね。ポップなネイルをする時に薬指だけリボンネイルと言うのが私のいつものパターンです。大きなパーツのリボンネイルをそのままジェルでどーんとくっつけるのもいいですが、リボンネイルは色々な方法があります。小さなストーンを中心に一つその両端に二つその横に三つ置くだけで簡単にリボンが出来てしまいます。リボンパーツのように大きく爪から飛び出さないので、洋服に引っかかりにくく取りにくいです。凹凸が嫌いな人は同じ方法で丸いホログラムを使ってリボンを作る方法もあります。もちろんエンボスで作るのもとても可愛いですよね。絵の具を使って沢山の小さいリボンを描くのも可愛いです。ただ自分で描く場合だと左手で描くのは難しいので私のおすすめはパーツやストーンやホロでのリボンネイルです。

夏の海水浴におすすめの足元のジェルネイル

夏場の海水浴場では、ビーチサンダルや素足で砂浜を歩くことも多いのではないでしょうか?砂浜では足元の淡い色はあまり目立ちません。また、せっかくかわいくマリン風の細かいデザインを入れても、砂なのか、デザインなのか遠目からは見えないこともあります。そんな時は、明るいパッションカラーがおすすめです。デザインをあまり細かかくせずに、できるだけ大きな柄か単色のデザインの方が目立ちます。足元のミサンガの色に合わせてジェルネイルの色を決めるのもおすすめです。単色の明るい色では子供っぽくなってしまうかもと思うかたにはパステルカラーで少し落ち着きを出すのもおすすめ。ただし、デコレーションのしすぎはあまりお勧めできません。

パーティーなどには華やかなリボンネイルがオススメ

30歳を超えたオトナ女子にオススメしたいのがさりげないリボンを取り入れたジェルネイルです。リボン柄というとどうしても甘めなイメージがありますが、私はあえてピンク色を使わずに白と茶色の淡い柄の境目くらいにゴールドで点描のようにしてリボンを描きます。そうすると大人っぽい茶と白のネイルがぐっと可愛らしくなります。はっきりとリボンを描くと逆に可愛くなりすぎてしまうので、セルフネイルをするときには注意した方がいいと思います。リボンにゴールドのビジューを入れてもリボンの結び目らしく見えます。リボンネイルにプラスして文字を入れるとぐっと引き立ってオシャレになります。ホームネイルで簡単に描くことができるのでオトナ女子にはぜひトライしていただきたいです。

花柄ネイルをマット仕上げで柔らかい印象に、かつデートやオフィスでも人気の簡単セルフオススメネイル

今回はセルフネイルで出来る、上品なホワイトベースのレースネイルをマット仕上げにして柔らかい印象にしたオススメネイルです。必要なものホワイト ジェルカラー花柄 ホワイトネイルシール①下準備②ジェル(ベース)③爪全体にホワイトカラーを薄く塗ってください⑤硬化⑥もう一度、上と同じホワイトカラーを軽く整える程度に塗ってください。⑦硬化⑧ホワイトカラーで斜めにラインを引いていき、反対側も同じようにラインを引いてください。※左側から斜めに//と右側から斜めに\\とこれらが重なるように。⑨硬化⑩ジェル(トップ)⑪花柄のネイルシール(ホワイトカラー)を重なるように置いてください⑫硬化⑬ジェル(トップ)⑭硬化⑮ジェル(マット)⑯硬化以上になります。※外れやすい方はプライマーをジェル(ベース)前に塗ってください。セルフネイルで約2時間~程になります。是非、やってみてください。

卒業式には4年間の思い出を込めたネイルはいかがでしょうか?

もうすぐ卒業式シーズンですね。ジェルネイルの出来る年齢の卒業式ですと大学の卒業式かろ浮かびます。上は着物、下ははかまのスタイルが想定されます。下ははかまですが基本は着物スタイルですので和のテイストになるかと思います。なので基本は上品なお色に少し着物のお色を取り入れる位のシンプルさが、着物と喧嘩しなくて素敵かと思います。でもこれから社会人になる前の四年も過ごした大学の最後の思い出の日のネイルですから、それだけではさみしいかと思います。何かネイルも思い出に残るものにしたいものです。お友達と一緒に写真を撮る機会もありますのでお揃いネイルにしてみるのもいいかも知れません。そういうノリでなく、個人的にする場合。4年間一番打ち込んだもの。勉強、サークル、バイトなどを何かマークにして描いてみるのはいかがでしょうか?心に残る卒業式にしたいものです。

外で取れてもすぐお直しできちゃう☆ジェルネイル×普通のネイルの合わせ技!

ダイビングやキャンプなど、1年中アクティブな私。アウトドアファッションに合わせてセルフネイルを楽しんでましたが、遊んでいる間に取れやすく、しかも外なのですぐ直せないのが悩みでした。そんなときにあみだしたのが「普通ネイルとの合わせ技」。用意するのはジェルネイル1色と、それに合う普通のネイル1色。ジェルネイルは5本中3?4本と多く塗って、普通のネイルは1?2本とアクセントにします(1本は半分ずつ塗ってもかわいい!)。こうすることで、万が一遊んでいる最中にジェルが取れちゃっても、普通ネイルのほうをポーチにいれておいて、取れた部分にさっとひと塗りすればOK。もともと2色なのでデザインとしても違和感なく、いつでもどこでも直せます。しかもセルフだと複雑な柄をやるとどうしても汚くなりがちですが、これは1本の指に対して1カラー塗るだけなので、とっても簡単。以外と2色の組み合わせがプロっぽい(?)らしく、セルフだと気づかれません。海外旅行のときにもおすすめですよ!

年代をとわず、常に女性に人気のリボンネイル

リボンネイルは、年代をとわずネイルをしている女性に特に人気もモチーフ柄です。年齢を重ねた女性の中には、リボンは、かわいいというイメージがあったり、ガーリーになりすぎるのではないかと思う人も多いようですが、デザインによってどの年代でも上品にまとめることができるのも特徴です。特に、年齢を重ねた女性の場合で、好感度高めのリボンネイルは、リボンをおおきくしずぎず、リボンのボウをつけること上手く言えないのですが、キティちゃんのリボンのような感じではなく、下のボウの部分をつけることによっても印象がことなります。また、リボンといえばピンクですが、ピンクやベージュでも上品な色(自爪に近い色)でつくることもリボンを強調することなく、上品なイメージに仕上がることができます。

外で取れてもすぐお直しできちゃう☆ジェルネイル×普通のネイルの合わせ技!

ダイビングやキャンプなど、1年中アクティブな私。アウトドアファッションに合わせてセルフネイルを楽しんでましたが、遊んでいる間に取れやすく、しかも外なのですぐ直せないのが悩みでした。そんなときにあみだしたのが「普通ネイルとの合わせ技」。用意するのはジェルネイル1色と、それに合う普通のネイル1色。ジェルネイルは5本中3?4本と多く塗って、普通のネイルは1?2本とアクセントにします(1本は半分ずつ塗ってもかわいい!)。こうすることで、万が一遊んでいる最中にジェルが取れちゃっても、普通ネイルのほうをポーチにいれておいて、取れた部分にさっとひと塗りすればOK。もともと2色なのでデザインとしても違和感なく、いつでもどこでも直せます。しかもセルフだと複雑な柄をやるとどうしても汚くなりがちですが、これは1本の指に対して1カラー塗るだけなので、とっても簡単。以外と2色の組み合わせがプロっぽい(?)らしく、セルフだと気づかれません。海外旅行のときにもおすすめですよ!

リボンパーツをアクリルパウダーで自分で作ってみよう

大きな立体的なリボンがネイルの根元にちょこんと乗っているととてもポイントになって可愛いですよね。ただリボンパーツを購入すると1つのリボンで結構なお値段になるので、自分で作ってみるのもいいと思います。必要な物はアクリルパウダー、アクリル用小(スカルプ用)の筆 ガラス板 。ガラス板の上で作業するとくっつかないのでパーツを作りやすいです。プラスチック板でもいいです。アクリルではなくクリームジェルでも出来ます。まずは長い涙型を筆で作ります、それを二つ横にくっつけて縦長いハートの用にします。それをくるっと回してハート型を下に持って行きます、逆さまのハートにして。同じ要領でリボンの形になるように上にまたハートを作って行きます。真ん中に丸くアクリルパウダーを置いて平らにして完成です。ハートを作る時も出来るだけ表面は平らにするようにするといいと思います。上にドットペンでドットを書いたり、丸ホログラムでドットのリボンにしたり、ストーンを置いてカラフルドットのリボンも可愛いです。

モードでもマット仕上げで軽めに、ラメ入りでシンプルなオススメネイル

今回はモードなのにシンプル過ぎずに重くならないマットな簡単なオススメネイルのご紹介です。必要なものシルバーラメ(グリッター)お好みでパール・ラインストーンジェルカラー(ブラック)①下準備②ジェル(ベース)③ジェル(トップ)とシルバーラメ(グリッター)を混ぜたもので、指の5本中2~3本へ全体に塗ってください※ジェルカラーの既製品でも可能です④硬化⑤もう一度、ムラがないように塗ってください⑥硬化⑦残りの指にジェルカラー(ブラック)を塗ってください⑧硬化⑨もう一度、ジェルカラー(ブラック)を塗ってください⑩硬化⑪ジェル(トップ)⑫お好みでラインストーンなどを置いてください⑭硬化⑮ジェル(トップ)⑯硬化⑰ジェル(マット)⑱硬化以上になります。シンプルで簡単にセルフで出来るので是非、やってみてください。※外れやすい方はプライマーをジェル(ベース)前に塗ってください。大体セルフネイルだと1時間30分~程です。

袴に合わせたラインを使い、ストーンを付け過ぎず上品に大人っぽく。

グリーンの袴を選んだので、ベースはパールホワイトにクリームを混ぜたもの。ラインをアクセントにグリーンを入れて仕上げました。ストーン等は使いすぎると派手すぎて袴や着物が目立たなくなってしまうと思い、シンプルにワンポイトとして使用。上品な大人っぽい感じにしました。卒業式は一人一人が主役になるので周りと被らないような衣装、髪型、ネイルにしました。ベースにパールホワイトを使っているので普段使いのネイルとしても十分に楽しめます。ストーンもゴテゴテに付けてしまうと普段の服装より浮いてしまうかなと考えたのもあったので付けすぎずにシンプルなものにしました。卒業式用のネイルですが、それだけで終わらせてしまうのはもったいないと思い普段使いでも楽しめるものにしました。

アウトドアスポーツにもジェルネイルがおすすめです

運動したり、アウトドアなスポーツをするときにも、ジェルネイルは邪魔にならず、とても活用しやすいアイテムです。ジェルネイルは、全然剥がれ落ちたり、折れたりすることもありません。とても硬い素材なので、アウトドアなシーンやスポーツにも向いています。私が特に好きなアウトドアスポーツが、ランニングとサイクリングです。一人でやるのではなく、仲良しのグループで走ったり、サイクリングしたりするので、爪先にもオシャレが必要です。自爪に近い長さのジェルネイルを選び、ランニングウェアやサイクリングウェアに合わせたデザインを使います。ウェアに入っている色と同じものを一色だけ選んで、爪全体にグラデーションすると、シンプルですが一体感があって可愛いです。

人と差のつくリボンネリルの作りアレンジ方

リボンはハートと並んで、女子の心を掴むモチーフのひとつ。ネイルでもさまざまな素材でデザインが可能です。こちらでは、甘くなり過ぎないようアレンジした大人におすすめのデザインをご紹介します。まずはホログラムで描く、流線的なリボンデザイン。シアーピンクに黒の小さなホロでリボンを描くと甘辛バランスのとれた大人らしい雰囲気に仕上がります。次におすすめしたいのは、箔テープで仕上げた少しシャープなリボン。カーキやグレージュなど、シックカラーと相性がいいのもこのタイプ。小粒のゴールドボールパーツで埋めつくしたようなリボンは、可愛くなり過ぎず、どんなカラーとも相性よく合わせられます。すべての指ではなく、リズムよく配してアレンジするのが正解です。

アウトドアスポーツにもジェルネイルがおすすめです

運動したり、アウトドアなスポーツをするときにも、ジェルネイルは邪魔にならず、とても活用しやすいアイテムです。ジェルネイルは、全然剥がれ落ちたり、折れたりすることもありません。とても硬い素材なので、アウトドアなシーンやスポーツにも向いています。私が特に好きなアウトドアスポーツが、ランニングとサイクリングです。一人でやるのではなく、仲良しのグループで走ったり、サイクリングしたりするので、爪先にもオシャレが必要です。自爪に近い長さのジェルネイルを選び、ランニングウェアやサイクリングウェアに合わせたデザインを使います。ウェアに入っている色と同じものを一色だけ選んで、爪全体にグラデーションすると、シンプルですが一体感があって可愛いです。

口コミ・評判ランキング

ジェルネイルキット通販なら「ソルースジェル」

ソルースジェルは女性たちがさらに陽のあたる華やかな場所へと歩んでほしい、 そんな願いを込めたネイルブランドです。カラーの豊富さで大人気!

公式サイトはこちら

ジェリーネイル

マニキュアより簡単にお家でできる、うるツヤジェルネイル!

JELLY NAIL【ジェリーネイル】のネイルキットが届いたその日からいつでも手軽にセルフジェルネイルが楽しめます!

ネイルサプライ

ネイル用品、デコ、美容各種商材が激安のネイルサプライでは大人気ジェルネイルキットが多数取り揃えられており、ジェルネイルキットをお探しの方におすすめですよ。

基礎知識

メーカー毎の口コミ

ネイルアート

ジェルネイル活用術