ジェルネイルキットの口コミ・評判ランキング
ジェルネイルキット口コミ > ジェルネイル活用術 > オフィス(仕事場)のジェルネイル活用術・テクニック

オフィス(仕事場)のジェルネイル活用術・テクニック


オフィス(仕事場)のジェルネイル活用術・テクニックについて一般の方の声を集めて紹介します。

40代の女性におすすめのオフィスネイル。

同世代の女性にちょっとだけ差をつけたい人に、ぜひおすすめしたいオフィスネイルをご紹介します。オフィスにしていくとなると、ベージュのグラデーションやあまりたくさんのストーンを使用しないデザインをお選びの方も多いと思います。私も仕事にしていくとなると、キラキラさせることには少し抵抗があり、いつも控えめなフレンチやグラデーションを選んでいました。でももう少しネイルを楽しみたい!そして、できれば同世代の女性にちょっとだけ差をつけたい。目立ちたいとか派手にとかではなく、おしゃれに差をつけたいと思い、最近はベージュをチョイスするなら、少しグレーが入っているようなワントーン落とし目のカラー(グレージュ)を選び、両手ともに1本だけ、白でレース入りのデザインにして貰ったり、同じく白抜きのお花を描いてもらったりしています。デザインを入れる指も、左右違う指にして1か所だけストーンを入れたりして楽しんでいます。1本だけシルバーのラインを入れたり、ツイードのデザインにするのもとてもおしゃれです!

営業職の方でも出来る、シンプル過ぎずにお客様に好評頂けるオススメネイル

営業職の方はお仕事柄、どうしても不特定多数のお客様とお会いするため、ネイルには気を遣いますよね。挨拶の時、説明する時など、特に手元はよくお客様の目が向けられます。そのため、「ネイルをしたいけれども、デザインに悩む」と言う方も少なくありません。そこで、実際営業職で経験してお客様にご好評だったオススメネイルをご紹介します!今回はピンクベースにホワイトカラーでリボンネイルです。シンプルになりすぎず女性らしさも兼ね備えた可愛らしいので是非。必要なものジェル(ベース・トップ)ピンク(色はピンクベージュ、若しくはシロップの色味でも可愛いです)ホワイトお好みでストーン(ピンクorクリスタル)、パール①下準備②ジェル(ベース)③全体にピンクカラー④硬化⑤2回目、ピンクカラー(※お好みで薄めのピンクが良い方は2回で終了、もう少しピンクをハッキリさせたい方は3回塗ってください)⑥硬化⑦ホワイトカラーでお好みの指にリボンのライン、リボンを細筆で描いていきます。⑨硬化⑩ジェル(トップ)⑪硬化パールやストーンを乗せたい方はここでアレンジして、トップ(ジェル)→ストーン・パール→硬化→トップ(ジェル)→硬化をして完成になります。大体セルフネイルだと2時間~程です。もしリボンの絵が上手く書ける自信が無い、と言う方はリボンのシールなどでも代用出来ます!お客様に「自分でしているの?器用なのね、綺麗」と褒めて頂きました。セルフネイルであることをお伝えすると、細かい作業が出来る=営業の細かな対応もして貰える、とお客様へ安心感も持って頂けるので一石二鳥です。是非、やってみてください!

オフィスでは指先をキレイに見せてくれるような、シンプルかつ身だしなみを整えてます系ジェルネイルがおすすめ

オフィスで日常的にたしなむジェルネイルには、シンプルで、いい意味で目立たないジェルネイルがおすすめです。具体的にはワンカラーや自然なグラデーションで、色はベージュや薄いピンクなど、自爪の色に近く、指先をキレイに見せてくれるようなカラーがいいでしょう。基本的には、周囲に「おしゃれではなく、身だしなみの一つとしてジェルネイルをしています」という印象で見えるようなネイルがオフィスネイルにはふさわしいです。なぜかというと、オフィスはあくまでも職場。仕事にもよるかと思いますが、ミスをしてお客様や取引先へ謝罪に行くこともあるでしょう。そういったときにプライベート感を感じさせない身だしなみを普段から心がけておくことも、社会人の大事なスタンスだと思うのです。というわけで、オフィスでのおすすめジェルネイルは、シンプルキレイな身だしなみ系ネイルです。

ハンドはシンプル。見えないフットは派手に。

オフィスで見えるハンドのカラーは、ピンク系やベージュ系、ホワイト系、乳白色など薄目なカラーを使用しております。デザインは、フレンチやグラデーション、一色塗など。かなり細めのフレンチにして、フレンチ部分をグリッターを使用することもあります。フレンチの種類も通常のフレンチや逆フレンチ、ハート型フレンチなど種類も様々なので、その時の気分で楽しんでいます。アートは、ワンポイントに小さめの石をのせたり、ホロを控えめにちりばめたり、シールを使用したりします。ハンドは仕事上、どうしても派手にはできないので、見えない部分のフットは自分のしたいデザインやハンドで出来ないような派手な色やデザインをして楽しんでいます。

オフィスではあまり派手すぎずお手入れが楽なもの

わたしはオフィスであまり爪が派手すぎるとよくないと思っているので一色のベタ塗りを毎回しています。シンプルなジェルネイルのほうが私は好きなのもあります。季節によってネイルカラーを考えていくのも楽しいです。今は冬なのでグレージュという色を塗っています。マニキュアに比べてジェルネイルは強度がありますし爪も折れにくく表面も保護してくれるのですごくおすすめです。ベタ塗りだけではなく、今はヌーディーネイルなどあまりネイルを目立たせたくない方のためのメニューなどもたくさん取りそろえられているので良いと思います。またシンプルなデザインのネイルでしたら私服などを着るオフィス以外などのプライベートなときにも活用でき、なんにでも合わせられ、映えると思うので私はジェルネイルは手放せない存在です。

上品でかつ仕事できる女風、だけどおしゃれ!

仕事場でも意外と爪は目につくので、メンテナンスしてるかしてないかで印象が全然変わると思います。例えばどれだけ自分が気に入っていてかわいいジェルネイルでも、大きなパールのついてハリネズミみたいに長いネイルだと、周りから見れば「あ、こいつ仕事できないな」という印象になってしまいます。かといってベージュ一色などシンプルすぎるのも飽きてしまうし、自分も楽しくありません。おすすめなのは、自爪の長さと変わらない長さのフレンチネイルです!シンプルですが、ワンポイントでパールをひとつ付けたり、ラメラインを入れたりするだけで、おしゃれ度がぐっと上がります。しかも根元のほうはクリアなので自分でメンテナンスしやすいし、仕事の忙しい時でもわざわざネイルサロンに通わなくてもすんじゃいます。

オフィスはストーンなしシンプルネイルがおススメ

オフィスでもネイルを楽しみたい女性は多いですよね。あまり派手すぎてもNGの職場もあると思いますが、オフィスでもOKなジェルネイルについてご紹介します。まず、オフィス綺麗目ネイルで断然おススメなのが、フレンチとカラーグラデーション。今はフレンチの色味も真っ白ではなく、ベージュやヌードピンクなど肌馴染みの良いカラーを選択できるので、工夫一つで、シンプルかつきれいなネイルができますね。カラーグラデーションも同様で、カラーの選択の際は、肌馴染みのよいピンクベージュ系の色味を選択するととてもナチュラルに仕上がり、派手なネイルが禁止のオフィスでも対応できます。カラーの見本はチップに塗ってある色味と実際に爪にオンした色味が違うときもあるので、実際に色をのせてみて、固める前に最終チェックをするとよいでしょう。サロンに通っている方は、事前にネイリストにイメージを伝えると失敗が少ないですね。カラー一色では物足りないかたは、ワンポイントで一粒ストーンをのせるだけでもシンプルのなかにも華やかさが加わりおすすめです

オフィスでもおしゃれを忘れず、上品ネイルがおすすめ

私はもともと金融機関が働いていたので、ネイルには特に厳しい職場でした。そんな中でも指先のおしゃれを楽しみたいという女性は多く、みなさん上品ネイルをしていました。私が一番よくしていたネイルは、ベージュをベースとした一色塗りです。またベージュを一色塗りした上から、ラメを指先だけいれ、グラデーションにするデザインもよくしました。ベージュは手の色と馴染みますんで派手ではありませんし、何より上品に映ります。薬指などだけストーンを入れてあげてもそこまで目立たずして、おしゃれを楽しめますのでおすすめです。また、ガーリーなデザインが好きな人は、ピンクベージュなどをベースにして、フレンチネイルにしてもいいです。フレンチネイルは配色も色々楽しめますので、自分好みのデザインにできますしおすすめです。

オフィスでは淡いピンクかベージュ系のジェルネイルで落ち着いた印象がおすすめ

オフィスにて、身体の部位でいちばん使う場所はやはり指先です。いちばん使うからこそ、自分が思っている以上に人から見られる部分です。特に事務系の職は落ち着いたスマートな印象を求められるので、派手なネイルは厳禁、もしくは自発的に派手なものは避けた方が良いです。おすすめは、淡いピンク系やベージュ系のジェルネイルです。その上から、少しだけならスパンコールやビジューを置いても良いのですが、あまり粒が大きくないもの、そしてあまり表面に凸凹を作らないために平たいものを選びます。何かを誰かと受け渡しする際、指先が触れる確率は高いので、ガツガツしたものが上司や来客の手に当たるのは以ての外です。ジェルネイルは、しばらくすると爪の付け根が伸びると同時にジェルの部分も上がってきます。そう頻繁にお直しはできないので、派手な色だと付け根から離れた部分が目立って、何だかみっともない印象を持たれるかもしれません。淡いピンク系やベージュ系だとそこまで目立たないので、忙しくてなかなかお直しができないオフィスレディさんには、その点でもおすすめです。

品良く清楚で女らしく!合格ラインのオフィスネイル

職場でのネイルは、お客様や上司など周りから見る印象を気にしてデザインする必要がありますよね。TPOをわきまえた、合格ラインのオフィスをご紹介します。まず、色味は肌馴染みの良いクリア、ピンク、ベージュが無難で安心です。肌馴染みが良い暖色系の色味は、見る相手にも良い印象を与え、かつ上品に指先を演出してくれます。ワンカラーだけだと寂しいな、という方には、「ピンク、ベージュ、ピンク、、、」といったように交互に色を変えてみたりしても変化が現れるので良いかと思います。他には、メタルパーツのゴールドを爪の根元に一つ配置してみてもアクセントになるかと思います。この時、小さめサイズのものを選んだり、ピンク系なら馴染みの良いゴールドを選ぶなど、近い色味でまとめるのがポイント。こうすることで、品良く清楚で女らしいオフィスネイルが仕上がります。

オフィスでは派手な色は禁止ですので、薄いパステルカラーのネイルがおすすめです。

私の会社はドレスコードが、オフィスカジュアルと決まっていますので、洋服、髪の毛のカラーリング、ネイル等、派手な色は禁止となっています。ですので、私はいつもネイルは薄いパステルカラーの色味のジェルネイルにしています。ネイルサロンには通っておらず、ジェルキットで自分でやっています。一番のお気に入りは、パステルカラーの淡いピンク色です。ジェルネイルは、持ちが良い分、取るのにも時間が掛かりますので、オフィスでも、プライベートでも、このピンク色は役立ちます。淡い色合いですので、指先が綺麗に見えるのが気に入っています。淡い色合いですので、二度塗りをいつもしています。ワンポインに、ネイルシールで、何本かの指に小さめの花柄や、ハート柄等をつけています。周りからの評判も良く、オフィスカジュアルの方にはおすすめです。

オフィスで浮かないシンプルネイルとデザイン

OLしているとなかなか派手なネイルを楽しめず、ネイルチェンジも忙しいとあまり頻繁に行えないものです。それでもジェルネイルを楽しめる方法やテクニックをお伝えします。私は基本的にジェルネイルはオフィス向けの落ち着いた色(単色・ラメ)で『グラデーション』を選択します。全体塗りにすると、少し伸びてくると目立ってしまいますが、グラデーションだと近くで見なければ伸びてる部分がそこまで目立ちません。また、お店でグラデーションの幅を聞かれた時は『深めにお願いします』と伝えます。深めにすることにより、爪が伸びてきて先端を少し切ってもまだまだグラデーションが残っているので、より長くジェルネイルを楽しめます。ちょっとケチくさいかもしれませんが…私はこれで一ヶ月弱はネイルを持たせます。

口コミ・評判ランキング

ジェルネイルキット通販なら「ソルースジェル」

ソルースジェルは女性たちがさらに陽のあたる華やかな場所へと歩んでほしい、 そんな願いを込めたネイルブランドです。カラーの豊富さで大人気!

公式サイトはこちら

ジェリーネイル

マニキュアより簡単にお家でできる、うるツヤジェルネイル!

JELLY NAIL【ジェリーネイル】のネイルキットが届いたその日からいつでも手軽にセルフジェルネイルが楽しめます!

ネイルサプライ

ネイル用品、デコ、美容各種商材が激安のネイルサプライでは大人気ジェルネイルキットが多数取り揃えられており、ジェルネイルキットをお探しの方におすすめですよ。

基礎知識

メーカー毎の口コミ

ネイルアート

ジェルネイル活用術