ジェルネイルキットの口コミ・評判ランキング
ジェルネイルキット口コミ > ジェルネイル活用術 > ベース・トップジェルネイル活用術・テクニック

ベース・トップジェルネイル活用術・テクニック


ベース・トップジェルネイル活用術・テクニックについて一般の方の声を集めて紹介します。

フレンチネイルの場合におすすめ、長くジェルネイルを楽しむ方法

ジェルネイルは、時間が経つと根元の爪が伸びて来てしまうので、そのまま放置すると見っとも無い事になってしまいます。そんな時にオススメなのが、根元部分を中心に上からトップコートを塗り直す方法です。日程が合わずにネイルのお直しにいかない場合などの応急処置にオススメです。根元に重ねてしっかりとトップコートを塗る事で、根元の自爪部分が目立たず、デザインを長く楽しむことができます。最初のフレンチネイルが短めの場合は少し伸びても不便ではない便利です。トップコートも徐々に削れて行くので、重ねて塗ることで補強にもなり、スタッズやストーンを埋め込んだ場合でも、長持ちします。いつものネイルを少しでも長く楽しめる方法でおすすめです。

ベースジェルとトップジェルの正しい知識!

ベースジェルとトップジェルは何が違うの?と疑問の方も多いかと思います。それを把握して正しくジェルネイルをし、せっかくのジェルネイルを長持ちさせましょう!!まずはベースジェルとトップジェルですが比較的に入っている成分が違います。その為、効果も全く違います。ベースジェルは爪との密着をよくする成分がはいっていますので、ベースジェルはベースジェルとして使って頂くとジェルネイルのモチが長持ちします。(ベースジェルを塗布する前の仕込みにもモチは変わっていきます。)トップジェルは光沢、ツヤや色素沈着などのトップジェルとして必要な効果があります。トップジェルをトップに使用することによりツヤや光沢も良くなりますし、私生活での色素沈着やカラージェルの色落ち等の変化を防ぐ働きをしています。なのでベースジェルとトップジェルは正しく使用することがジェルネイルを長持ちさせて長く楽しめる事に繋がります。

ネイルポリッシュと併用でセルフジェルネイルを簡単に!

ジェルネイルは大好きですが、根元が伸びてくるとみっともないから気になるし、かといってメンテナンスするのも費用がかかりますよね。そこで私は、セルフでジェルネイルを行っています。ジェルネイルを自分で行うと聞くと、テクニックがいたり、器用な人しか無理なんじゃないかと思われるかもしれませんが、ネイルポリッシュと併用する事で簡単に、自分の好きな時間にジェルネイルができちゃうんです。まず、ベースジェルを塗り硬化させます。その後にお好きな色のネイルポリッシュを塗り十分に乾かした後、トップジェルを重ねて硬化させます。ポイントはサンディングや未硬化ジェルの出ないベース・トップジェルを使用する事です。もちろんサロンでやってもらうよりは持ちは悪いですが、事前にしっかり油分を取り除いたり下処理をした上で行えば、1週間から10日くらいは持ちますよ。

ベースとトップの塗り方で、もちと見た目も変わる

自分でジェルネイルをすると、簡単にすぐはがれてしまったりストーンを乗せたネイルだと、ストーンがすぐはがれてしまったり、なんて事が多いと思います。そこでまず、ネイルを剥がれにくくするには、ベースジェルを塗る前に多少の傷を爪につけるのはもちろん。ベースネイルは薄く塗るのがコツです。厚く塗りすぎてしまうと、ネイルの剥がれやすい原因になりますね。ベースジェルは薄く延ばす感じでいいと思います!次にトップジェルですが、ストーンなど固めたあとストーンがちゃんと隠れるぐらい、結構厚めに塗ったほうがストーンが剥がれにくくていいです。いったんトップジェルを軽く塗って固めてから二度塗りでもいいですね。ストーンのデコボコした間隔がないほうが、取れにくくなっておすすめです。

ベースとトップコートはどんなジェルネイルでもマスト

ベースとトップコートは必ず塗ります。もちろんオフィスなど、あまり目立たないネイルをしなければならないところでは、ベースだけすることで爪がきれいに見え、爪先も気持ち華やかになります。ベースを塗るときと塗らないときは、発色が明らかに違います。トップコートを塗ったほうが、ネイルが長持ちする気がします。ベースとトップコートはなるべく薄く均等に塗ると、もともと爪にあったでこぼこを平らに見せてくれるので、ネイルがきれいに見えます。もし均等にならなかった場合は塗った後に手を裏返すことで、ネイルが広がり均等になります。長持ちさせるために、爪先、爪裏もぬり、もし皮膚についてしまったら、そこからはげやすくなるためきちんと拭き取るようにしています。

美しく爪を保つベース・トップジェル。怠りがちになるけれど、一つ一つが美しさの秘訣

順番と行程一つ一つを大事にしなければ結果がむちゃくちゃになる、というのは料理や洗濯などにも言えることです。ジェルネイルも然り、一つ一つに行程を怠らずにやることで、爪への負担軽減や、ジェルネイルの持ちをよくすることになるのです。ベースを塗ることでのメリットは、爪を平らにし、上に乗せる美しいデザインをより引き立たせることができるということ。いきなりデザインからスタートしてしまいたい気持ちもありますが、ここはキャンバスをしっかり整えることが重要になってきます。うまく書けない、ストーンが乗らない、といったトラブルの回避のためにきちんとベースを重要視してみることです。上手にできないのには理由があるということです。トップジェルは出来上がったデザインを保護する役目です。せっかく出来上がったきれいなジェルを、ちょっとぶつかったとか触ってしまったということで台無しにしてしまうのはもったいないですよね。そこでトップの出番です。この保護があるのとないのではやっぱり美しさを保つ時間が全然違ってきます。ベースもトップもきちんとそれぞれ役割があること、忘れてはいけません。

強い爪を守るためにベースジェルは少し高くても大事です

いつもセルフネイルをしていますが、ベースを毎回塗っていると、付きをよくするのにいつも爪を削らないといけません。爪も伸びてきて1ヶ月に1回変えていると、毎回削ることになるので、そうするとつめが薄く弱くなってしまい、あまりよくはありません。元々爪が弱い人は爪が折れないようにジェルを塗っている方もいるくらいです。最近は、爪を削らなくてもしっかりとくっついてくれるベースジェルがあるので、そちらを使ってもらう方がいいですね。いつまでも、強い爪でネイルを楽しめます。使い方は簡単です。クレンザーで爪の油分を取った後に、そのまま爪に塗ることができます。爪の表面だけでは取れやすいので、側面(厚みの部分)も塗ると剥がれにくくなるので、やって見てください。

ベースジェルはジェルネイルの命。おすすめの塗り方

ジェルネイルでベースは本当に大事です。ベースがダメだとジェルネイルは長持ちしてくれません。ベースを購入する時に注意する事はあまり安すぎるベースジェルを買わない事です。やっぱりネイルサロン等で使われているある程度の有名メーカーのベースがおすすめです。それでもやっぱり種類によってはその人の爪に合う合わないがありますので、いくつかは試してみられるのがいいと思います。ベースを塗る時の筆は普通の先の四角い筆よりは個人的には先が丸い筆の方が使いやすいです。ジェルを塗布する量にも気を付けてください。多すぎても少なすぎてもよくありません。ベースを塗るのが苦手と言う方は1度薄めに塗ってからまたもう一度薄めに2回塗る事をおすすめします。

トップジェルも沢山種類があるので使い分けよう

ジェルネイルのトップジェルはメーカーによってかなり違いがあります。ドロドロとした柔らかいものから固くて流れにくいもの、ベロア風になるものや粉砂糖のような見た目になるものと様々です。普通のツヤが出るトップコートでは固すぎても柔らかすぎても困ります。柔らかすぎるとどうしてもジェルが流れてしまってサイドにはみ出てしまったり、サイドにばかり厚みがあるジェルになってしまうので、購入される時はきをつけて下さい。おすすめの塗り方は爪の真ん中に一度筆に取ったジェルを置いてからそのジェルをすこしすくいながら根元少し手前へ筆を置きます、そこから少し根元へあまり力を入れないで押してから手前へ軽く引きます、次は左右のギリギリの根元を同じ様に塗って行きます。筆は個人的には先端が丸くなったタイプの筆がおすすめです。

ベースジェルは先端と両端の塗り忘れがないようにしましょう

ジェルネイルにとってとっても大事なベース、もちろんメーカーによってはすぐはがれてしまう物もありますので、自分の爪と相性の合うベースを見つけてくださいね。ベースジェルは塗り方も重要で、塗り方を失敗するとすぐにネイルが剥がれてしまう事になるので注意しましょう。まずは爪の真ん中にジェルをおきそのまま根元から下に力を入れず塗って行きます。その後左右も同じ様にここで重要なのが左右の根元です。この根元が上手に塗れていないとカラーもその部分までしかのらないので、今日ネイルを変えたばかりなのに数日たったネイルの様な仕上がりになってしまいます。ベースには先端が丸くなった筆が個人的にはおすすめです。左右の端は特に指の爪が少し巻き爪タイプの人は塗りにくいと思いますが、サイドのお肉をおさえてはみ出さない様に慎重に塗ってください。最後は先端です、先端を塗り忘れると先端から簡単に剥がれてきてしまいますので忘れずにぬってください。古くなって来たベースジェルもはがれやすくなってきます、自分の指にネイルをされる時はいいですが、他人の指にネイルされる場合は古いベースジェルは使わない様にしましょう。

ジェルネイルにとってベース・トップは大事です

ジェルネイルをするにあたって1番大切なのはベース・トップとなっていると思います。 ベースは自爪に1番始めに塗るものなので私は自爪に負担のかからないサンディング不要のベースを使っています。 サンディングが不要のことによって自爪を傷つけることなく薄くベースを塗ることによって爪への負担も減らせているのだと思っております。トップは最後の工程でいかにジェルネイルを綺麗に輝かせれるかが重要です。これもわたしは拭き取りが不要のノーワイプトップジェルを使用しています。拭き取りが不要となっているので硬化した後にもすぐ触れます。サンディングが不要、拭き取り不要によってジェルネイルの作業時間短縮にも繋がっています。

ベース・トップジェルは、セルフジェルネイルに欠かせないアイテムです

セルフでジェルネイルを作るとき、ベースジェルやトップジェルは欠かせないアイテムです。逆にこの2つが揃えば、簡単に好きなデザインのジェルネイルが作れますので、おすすめです。ベースジェルを塗った爪には、ただネイルシールを貼るだけでも可愛いんです。ネイルシールはたくさんの種類が販売されていて、ドラッグストアや雑貨やさん、インターネットショッピングでも手軽に手に入ります。手描きのアートやデザインは初心者には難しいので、どんどんネイルシールを活用していきましょう。他にもジェルネイルに欠かせないパーツも豊富に販売されているので、セルフジェルネイルを始めようと思ったら、 ベース・トップジェルなど色々なアイテムを揃えるのがおすすめです。

口コミ・評判ランキング

ジェルネイルキット通販なら「ソルースジェル」

ソルースジェルは女性たちがさらに陽のあたる華やかな場所へと歩んでほしい、 そんな願いを込めたネイルブランドです。カラーの豊富さで大人気!

公式サイトはこちら

ジェリーネイル

マニキュアより簡単にお家でできる、うるツヤジェルネイル!

JELLY NAIL【ジェリーネイル】のネイルキットが届いたその日からいつでも手軽にセルフジェルネイルが楽しめます!

ネイルサプライ

ネイル用品、デコ、美容各種商材が激安のネイルサプライでは大人気ジェルネイルキットが多数取り揃えられており、ジェルネイルキットをお探しの方におすすめですよ。

基礎知識

メーカー毎の口コミ

ネイルアート

ジェルネイル活用術