ジェルネイルキットの口コミ・評判ランキング
ジェルネイルキット口コミ > ジェルネイル活用術 > ラメラインネイル活用術・テクニック

ラメラインネイル活用術・テクニック


ラメラインネイル活用術・テクニックについて一般の方の声を集めて紹介します。

控えめにも、派手にも上品のマストアイテム

定番のフレンチで大活躍のラメライン。フレンチ以外にもたくさんの使用方法があります。今流行っている、ウィンドウネイル。窓のように中が空洞し、回り囲むネイル。これをラメラインでするととても存在感があり、可愛いネイルに仕上がります。フレンチの一部にこのウィンドウネイルにしてもとても可愛く仕上がります。またラメの種類にも大きさが様々ありますが、このウィンドウネイルにはきめ細かいラメのものがおすすめです。大きさの違うラメでウィンドウネイルにしても可愛いです。ぎらぎらしすぎていないので、上品なオフィスネイルにしたい場合でも、ラメラインは大活躍します。一本線を加えるだけで上品になる、大人ネイルにはマストアイテムです。

簡単に出来て指が長く見える、しかもオシャレ

ネイルのカラーは何色でも構いません。ですが私のオススメはホワイトです。なので今回はホワイトと指定しますが何色でも大丈夫です!ホワイトのラメが入ったもの(小さいのが沢山よりも大小様々なラメが入ったものがオススメ)を用意します。ベースは薄いピンク、ベージュピンクやマカロンピンクを塗ります。そして固まったらその上からラメのネイルを塗ります。この時、大体爪の半分くらいから塗ってください。重ね塗りは不要です。そしてそれが固まったら今度は爪の3分の1、さっき塗った部分の半分より少し下くらいから重ねます。そして固めて最後に爪の上部に少しだけラメを足してください。この時、ここが少ないかもと思ったところにラメを足してみて下さい(爪が長い方は特にそう思われるかもしれません)。これを固めてクリアコートを塗って完成です。オシャレに見えて指が長く見えます。色によっては細く見えるかもしれません。

ラメラインの追加で、フレンチが一層華やかに

オフィス勤務であまり派手なネイルができない方は、シンプルなフレンチネイルを選択される方が多いですよね。今日は、フレンチに加えてラメラインをプラスすることで一層華やかな指本になるデザインについてご紹介します。フレンチだけでも十分きれいに仕上がりますが、サロンに通っている方も、自宅でネイルをしている方も、ラメラインをプラスするとデザインがぐっと引き立ちます。フレンチに乗せたカラーの同系色。例えば暖色のフレンチでしたらゴールド系のラメラインを選択すると色味の相性が良いです。逆に寒色系のお色でしたらシルバーのラメラインがおススメです。指本にフレンチまで作った後、細筆でラメラインを引いていきます。サロンで追加する場合も1本100円~等で追加できるサロンが多いですね。フレンチのラインに沿ってラメラインを引き、固める前に隣の指、反対側の手とカーブが揃っているか確認しましょう。固める前でしたらウッドスティック等を使ってカーブのラインを調整します。太くひきすぎると後で調整が難しいので、細目にひいて追加しながら様子をみるのがよいです。カーブの深さがきまったら、ライトで固めるだけ。時間もかかりませんし、ラメラインを加えるだけでも華やかさがプラスされるのでオフィスシンプルを目指す方におすすめです。

ゴールドのライン一本で指先を華やかにできます

フレンチネイルにする時、素人セルフネイルなのでどうしても色のつなぎ目がぼやけたり、ラインがヨレたりしてしまいます。そんな時にゴールドのラインを繋ぎ目に一本ひくだけでヨレも隠せるしゴールドが映えて指先が華やかに見せる事ができます。よくやるのが、透明か肌色のベースジェルにそのまま爪先にゴールドのラインを横にひきます。シンプルだけど上品で指長効果もあり、手を綺麗に見せてくれます。ラメのラインなので幅は狭い方がパンチが効きすぎてなくおすすめです。個人的には引いてるか引いてないかくらいの細い線が指が華奢に見える気がします。ラメラインでてきとうに細い円を描きその上にランダムでストーンを置くのもオススメです。円は大きい方がいいので親指の爪を使う事が多いです。

どんなシンプルなネイルでもラメラインがあれば華やかに

女性はジェルネイルをすることによって、満たされたり、ワクワクした気持ちになると思います。何かのイベントに合わせてネイルを変えたり季節ごとに変えたりと服と同じくらい指先にも気を使います。ただ、1度ジェルネイルをするのにかかる費用は3000円から、凝ったデザインにすると10000円くらいかかってしまうこともありますよね。しかもジェルネイルは持つのは大体長くても3週間ほどで爪が伸びてきてしまうので、気になる方はまたネイルサロンに足を運びお手入れをしなくてはなりません。コストもかなりかかってしまいますよね。でもラメラインのデザインであれば、フレンチ、シンプルなデザインでも定価格でなおかつ華やかに魅せてくれます。私の仕事柄あまり派手なネイルをするのは良くなく、だからといってフランチやワンカラーはどうしても物足りなく、飽きがきてしまいます。そこで、フレンチの色を白だけでなく季節ごとに色を変えて、ゴールドのラメラインをするだけで毎回全然違う印象の指先になります。ラメライン一つでこんなにもレパートリーが広がるのなら、とても女性には嬉しいですよね。是非飽きがきてしまったデザインにラメラインを入れてみてはいかがでしょうか。

ラジェルネイルでラメラインが上手にひけるテクニック

ジェルネイルでラメラインを上手に引くために重要なポイントをご紹介します。まずは、ジェルの選び方。ラメラインに使うジェルは、ラメがぎっしりつまった、粘度の高いものを選んで下さい。ジェルの粘度が低いと滲んでしまい、細くてキレイなラメラメラインがひけません。通販では、写真の情報でジェルの粘度やラメ感はわかりずらい事が多いので、ジェルメーカーがラインアート用に販売しているジェルを選ぶといいと思います。そして、筆。筆は腰があって細いものをオススメします。柔らかい筆だとジェルの粘度に負けて、ラインがひきずらくなります。一番重要なラインを引くテクニックですが、筆の4/5にジェルを含ませたら、しっかりと筆先を整えます。あとは、筆を寝かさずしっかりたてるようにして筆先だけを使って引いて下さい。このポイントをおさえると、とても上手にラメラインが引けるようになります。

ラメラインを入れることで、メリハリのある華やかなネイルになる

ジェルネイルをしてみたけど、何だか物足りない・・・そんなときってありますよね。そんな方にはアクセントとして、どこかにラメラインを入れるのがオススメです!例えば『フレンチネイル×ラメライン』。シンプルにフレンチスタイルでジェルを塗るのも良いのですが、フレンチの境目にラメラインを入れることによって、華やかな仕上がりになります。また、フレンチの境目があまりうまく塗れなかった場合にも、ひそかにごまかすことができます。フレンチネイルにラメラインをプラスするときには、細く繊細に描くのがポイント☆あとは『チェック柄×ラメライン』や『ストライプ×ラメライン』など、ラメラインは色々なデザインと相性が良く、メリハリがあるネイルデザインになるのでオススメです!

シンプルでちょっと差の出るおしゃれなラメライン

私は40代半ばですがネイルが大好きで、オフィスにもシンプルなネイルを施して出勤しています。長期の休みの時やライブに行く時は、弾けたデザインにすることもありますが、普段はシンプルなネイルが基本なのでちょっとだけ工夫して、よりおしゃれな指先になるようにと心がけています。爪の長さも長い時ばかりでなく、とても短めにしている時もあります。短め+ワンカラーでも少しの工夫で、おしゃれになるのがラメラインです。ラメラインを入れる位置と本数がポイントです。今実際に私の爪は短くてワンカラー、落とし目のボルドーに近いレッドを施しているのですが、これに両手各1本だけラメラインを入れて貰っています。今回は右手親指、左手小指です。落とし目のゴールドのラインを上の方に1本描いて頂きました。たったそれだけですが、このラインが効いてとてもおしゃれに仕上がっています。ボルドーのワンカラーはちょっと。と言う方は、ベージュやグレージュのワンカラーにもこのラメラインはおすすめです。シルバーのラインにするとシャープな印象に。ゴールドとシルバーのMIXカラーのラインにすると上品な印象に仕上がります。

シンプルなネイルでも、ラメラインを入れるだけで華やかになるのでお勧めです。

ラメラインは、ジェルネイルをするときにとっても活躍します。カラージェルやクリアジェルどちらにも合わせられます。ジェルネイルはポリッシュに比べてもちがいいので、爪が伸びても目立ちにくいフレンチネイルは見た目もきれいに保てます。フレンチネイルだと、自爪とカラーの境目がきれいに塗れずガタガタに見えてしまうので、ラメラインを入れるだけで仕上がりがきれいに見えます。また、ラメが入ると華やかさも出るので少し太めにラインを入れて、パーティーのときなどにも使用したりします。普段のコーディネートがしやすいように、シンプルのネイルにするときにはポイントでラメラインを入れると、シンプルになりすぎずきれいになります。とくにゴールドのラインだと、ジェルのカラー問わず使えるのでとっても使いやすいです。

ラメラインはさりげないけどてとても可愛い

ラメラインはたくさんのデザインにお使いいただけます。囲みネイルで、今の時期ならべっ甲をデザインをして、その周りをラメラインで囲んでワンポイントにしたら可愛いです。べっ甲以外にも、タイダイや迷彩や、柄だったらなんでもできます。フレンチネイルのラインでラメラインを使うのも合うと思います。そのラメラインの上にラインストーンやブリオンをちょこんと置くのもいいですね。細い筆で描く方も見えるかもしれませんが、難しいと思うので、ラメとクリアジェルを混ぜてつまようじでラインを引くとずっと細く綺麗にラインが引けます。ラメラインは全部の指してもしつこくなく、キラキラしてとても可愛いと思います。さりげなくする場合だとシルバーラインがいいですし、すこしゴージャスやラインを目立たせたいならゴールドのラインがいいですね。

ラメラインはフレンチネイルとチェック柄に!チェック柄のラメラインは、個人的なこだわりも注文しています。

ラメラインはフレンチネイルにするときとチェック柄にするときに入れてもらいます。フレンチネイルのときには、色と色の境目にラメラインが入るとアクセントになって素敵です。光線の具合でキラキラと光り、ポイントにストーンを入れると一段とオシャレです。それからチェック柄のネイルをするときもラメラインを入れてもらいます。チェックは一つの手につき指、二本入れてもらうことが多いのですが、ラメラインは同じ場所には入れてもらわないことにしています。それはラメラインに視覚的リズムをつけてもらいたいからです。チェックの中にラメラインの十字架を上の方に着けてもらう場合と下の方に着けてもらう場合があります。また左寄せ、右寄せにしてもらったりして、両手のネイルを見た時にアシメトリでもバランスよくラメラインの十字架が入っていると気分があがるからです。

ネイルのデザインがはっきりとでるラメラインの活用!

ラメラインは、ネイルのデザインによっては、そのデザインを引き立ててくれる重要な役割をもっています。例えば、フレンチネイルのように先端だけ、色をつけるもしくは色を変える場合、きれいに境目のラインをだせる人であればよいですが、なかなか境目のラインを色だけで表現することが難しいと思います。そういった時にラメラインをつかうことで、境目のはっきりしない部分が強調されて、きれいになることもあります。また、デザインのアクセントとしてもおすすめです。1つの爪の上に何色かのネイルの色をつかうと、デザインがぼやけてしまう場合があります。そんな時に、ラメラインをいれることによって、色わけができて、デザインがはっきりとすることもあるからです。

口コミ・評判ランキング

ジェルネイルキット通販なら「ソルースジェル」

ソルースジェルは女性たちがさらに陽のあたる華やかな場所へと歩んでほしい、 そんな願いを込めたネイルブランドです。カラーの豊富さで大人気!

公式サイトはこちら

ジェリーネイル

マニキュアより簡単にお家でできる、うるツヤジェルネイル!

JELLY NAIL【ジェリーネイル】のネイルキットが届いたその日からいつでも手軽にセルフジェルネイルが楽しめます!

ネイルサプライ

ネイル用品、デコ、美容各種商材が激安のネイルサプライでは大人気ジェルネイルキットが多数取り揃えられており、ジェルネイルキットをお探しの方におすすめですよ。

基礎知識

メーカー毎の口コミ

ネイルアート

ジェルネイル活用術