ジェルネイルキットの口コミ・評判ランキング
ジェルネイルキット口コミ > ジェルネイル活用術 > 秋ネイル活用術・テクニック

秋ネイル活用術・テクニック


秋ネイル活用術・テクニックについて一般の方の声を集めて紹介します。

秋にはいち早くべっ甲ネイルを取り入れてイメチェン

夏から秋にかけてはネイルチェンジをしたくなる季節です。そんな時にはちょっとリッチめなカラーのべっ甲ネイルをオススメします。べっ甲ネイルというと意外に難しそうなイメージがありますが、材料さえあればお家で簡単にできてしまいます。まず材料にはカラージェルを3色と筆を用意します。私はベースカラーに黄色を持ってきて、その上にクリアカラーで定着させてから赤色を筆でポンポンと置いていきます。さらに茶色を置いて筆で馴染ませていきます。もうこれだけでもべっ甲カラーが完成しますが、これだけでは少し物足りないので、私はシルバーのビジューを1、2個足してアクセントを加えていきます。全部の指がべっ甲カラーでも良いのですが、私は強調させるために他の色に単色カラーを持ってきて薬指だけにべっ甲カラーを入れています。大人っぽいのでべっ甲カラーネイルをしているとよくどこでネイルをしたのか周りから聞かれます。和テイストのネールなので着物にも似合います。簡単におうちでできてしまうので、ぜひ皆様にも試していただきたいです。

秋にピッタリのジェルネイルはオレンジ系やイエロー系のベースがおすすめ

少し寂しさを感じさせる季節である秋に、おすすめのジェルネイルデザインが、パーツを多数組み合わせたデザインのネイルです。秋はすごく寒いというわけではありませんが、自然界では紅葉があったりします。そこで、紅葉を思わせるオレンジ系やイエロー系をベースにした暖かみを感じるカラーをベースに選びましょう。そして、クリスタルやストーンを付けて、じんわり暖かいような気分にさせる、アクセントパーツを使います。同じカラーのストーンを、大小たくさんのサイズで組み合わせて使うと可愛いし、オシャレ感も出ます。色々なカラーを使うと、ゴチャゴチャした印象になってしまうので注意が必要です。特にオレンジやイエローベースには、ブラウンやゴールドなどのストーンが良く合いますからおすすめです。

秋でしか出来ない色、デザインに頼りすぎず

秋になれば自然と夏に比べて落ち着いた色味の服を着る事が多くなると思います。ですがネイルもそれに合わせて暗くし過ぎると統一感はあっても寂しくなりがちかと思います。なので私は5本のうち3本はワンカラー2本はデザインにしてワンカラーのうち2本はグリーンやボルドーなどの秋を意識した色にして1本はパールが入った白などを入れてます。ハッキリした色味の方が好みの方はしっくりくるかと思います。秋ネイルとして白をあえて入れるとオシャレに見えるし手元が暗くなくなって意外とどんな服にも合うと思います。白を入れないと手がくすんで見えてしまうので手を綺麗に見せる効果も狙ってます。乾燥などで荒れがちですがパール入りの色を入れるとそれのおかげでじっくり見られない限りバレないかと思います。

秋はシックなカラー、柄はアーガイルがオススメです。

秋はオシャレがどんどん楽しくなる季節ですよね。秋はネイルもシックなカラーが映えます。カラーは、ボルドー、グレー、ネイビーなど、ダークで上品な色がオススメです。特にボルドーのネイルには、アーガイル柄を取り入れると、一気に秋らしいネイルに仕上がります。アーガイル柄はポイントとして使うとくどくなりすぎず、おしゃれに仕上がります。例えば、一本だけアーガイル柄にし、後はシンプルにワントーンのボルドーにすると、大人っぽく、そして秋らしいジェルネイルが簡単に完成します。逆に、ベースはホワイトで、ポイントとしてアーガイル柄にすると女の子らしくとてもキュートなネイルになります。ベースカラーを変える事で、かなり雰囲気が変わりますよ。

秋のネイルはジーンズカラー、紅葉手描き、チェックが好き

秋のジェルネイルは、夏を惜しむ「ジーンズカラー」でダークブルーのワンカラーにすることがあります。カジュアルでセーターにも合うので秋になるとこのジーンズカラーをお願いしたくなります。それから外の紅葉が綺麗になるころに、自分のネイルもお気に入りのモミジとかイチョウなどを片手につき一本か二本のネイルに入れてもらうと気分が上がります。ワンポイントとして秋の葉を描いてもらうか、ハラハラと舞っている落ち葉をネイルに描いてもらうと素適です。三番目におすすめの秋のネイルはチェック柄です。セーターを羽織る時期にチェック柄がナイスです。手描きが得意なネイリストさんに、自分が好きなチェック柄の写真を見せて、描いてもらうこともできますね。写真も見せてネイル用にデザインを変更してもらうとより素敵な仕上がりになると思います。赤ベースに線を入れて、格子にしてもらってアクセントにラメラインを入れてもらうとクリスマスの時期でもOKです。今度は緑ベースのチェックのネイルもトライしてみます。

秋のネイルは紅葉や鹿、食べ物だと栗などをモチーフとして使用しますのでオレンジ系からブラウン系の彩をネイルに施します。

地元に紅葉狩りが有名な地域が有りますので紅葉のモチーフは良く使用します。紅葉狩りの場所に鹿も沢山いるので鹿のモチーフと鳥居も描く事が有ります。沢山描くとゴチャゴチャしてしまい見た目に良くないと感じた時はシンプルに紅葉のみか鹿と鳥居のモチーフのみにします。モチーフを描かない爪にはべっ甲色のネイルをしても綺麗だと思います。紅葉、鹿と来たら花札のモチーフも有ります。モチーフの無い指にはお花を描いても綺麗です。段々と寒くなっていくので暖色系の色も取り入れる事も有ります。個人的にはボルドー色が好きなのでモチーフを取り入れない時はボルドーのベースにレースとラインストーンを使います。ボルドー系のグラデーションを使用してマーブル風にしても綺麗だと思います。

秋の物悲しいしや趣深さを紅葉カラーで再現

秋を表現するのは結構難しいです。というのも、秋はいろんな色が混じっているからだと思います。春ならピンクを塗れば、ある程度サクラを連想させることが出来ますが、もみじの色を赤で塗ろうと思うと、ただの赤いマニキュアになったしまう印象があります。それを防ぐために、秋を表現する際は、ネイルに階層を作ります。まず、くらい赤を赤と黒のジェルで創り出し、それを塗ります。次に赤と黄色のジェルを混ぜ、それを塗り、最後に気持ちだけ赤を塗ります。そうすると、ただの赤ではなく、大人っぽい落ち着いた赤色を再現することが出来ます。時間がない朝やめんどくさい時は、赤と黒と黄色のジェルを一気に混ぜて塗ってしまうのもありですが、是非時間をかけていただきたいものです。

秋を匂わせるネイルは、カラーの色味がポイントです

ネイルのカラーで、季節感を一気に出すことができます!秋ネイルのイチオシは、ボルドー。夏から秋に季節が移り変わる時、ボルドーネイルをいち早く取り入れたいものですね。ボルドーは、ポイント使いよりも単色塗りでもおしゃれな雰囲気がでます!二本から三本の指をボルドー単色塗り、そして他の指は、ベージュのベースに、ヒョウ柄をアートします!この使い方なら、ヒョウ柄を取り入れても派手になりすぎることなく、おしゃれなネイルに仕上がります!また、ボルドー以外のカラーであれば、深めのグリーンも秋らしさたっぷりです。先ほど同様、単色ぬりがおすすめです!また、質感はツヤ感のあるものでも、マットでもよく合います!秋カラーを取り入れ、季節感をたっぷり出して見てくださいね。

茶色で紅葉の季節にもふさわしく溶け込むネイル

茶色は紅葉の季節にもふさわしく溶け込むネイルであります。なぜならオータムシーズンはスプリングシーズンカラーやウィンターシーズンカラーやサマーシーズンカラーと比較すると地味な色が代表的であります。また自然に目を向けると紅葉した木々が山に広がり気分も落ち着いていると思いますのでやはり茶色系の若干地味系の色がふさわしいのではないのかと思いました。そして秋はほかの季節と違い季節の変化がかなり激しく忙しくなると思うのでやはりしっかりとしたネイルを行うことでしっかりと時間短縮に励んでいくことができるのではないのかという風にも感じます。だからこそいつみてもおかしくなく金とかとは違った落ち着いた茶色がいいのではないのかと思う

落ち着いたカラーが映える秋には大人デザインなネイル

ボルドーやカーキ、グレーなど落ち着いた秋カラーはどんなコーデにも合うのでネイルに取り入れやすいです。マットネイルとしても良く合うカラーなので大人な印象になります。ボルドーは見ただけで秋冬を思わせる色ですし、赤は派手だと感じる方でもボルドーは取り入れやすいと思います。抵抗がある方でも、爪先だけにカラーをのせる流行の塗りかけネイルなどはシンプルで可愛いのでオススメです。またボルドーはゴールドと相性がとても良いので、ボルドーネイルにゴールドでラインを引いたりゴールドのパーツを乗せたデザインは毎年人気です。カーキは秋限定カラーと言っても過言ではないカラーです。カーキのネイルをした方はあまりいないので、人と被りたくない個性派な方にオススメです。かなり主張するカラーなので、ホワイトやピンクベージュと合わせてネイルすると大人可愛く仕上がります。グレーはどの季節でも人気のカラーですが、べっ甲ネイルとの相性がとても良いので秋にはもってこいです。どんな系統のコーデでも合いますし、学生さんやオフィスでもできるネイルとして人気です。

芸術の秋には絵画風ジェルネイルがおすすめ

芸術の秋ということで、私は秋には絵画っぽいデザインのジェルネイルを活用しています。もちろんセルフでやるのは難しいので、ネイルサロンでお願いしています。世界中の有名なアーティストの芸術作品を持ち込んで、いつもアートしてもらっています。ただのジェルネイルと違って、めちゃくちゃオシャレになれますし、秋に着るダークな色の薄手のセーターやベージュのトレンチコートなどにも、良く似合います。芸術ネイルは指先全部にやってしまうと、結構個性的な印象になってしまうので私は、人差し指だけにアートをすることが多いです。そうすると、指をさしたときや、スマホをいじるときなどに、さりげなく芸術ネイルを自慢できるので、おすすめです。

秋らしい雰囲気ができるレッドやグリーン系のネイル

秋というと、夏に流行したネイルがひと段落して、新しいデザインや色が入ってくる時期になります。秋の定番ネイルだと、赤や最近は、ミラーネイルみたいなハード系のネイルも流行っています。夏だと暑苦しくなる赤のネイルも秋なら、おしゃれにみえます。特にボルドー系などで単色ネイルでシックにしたり、あるいは、10本全部単色にせず2.3本の指だけ、タータンチェック柄などをボルド―系の単色ネイルの上にデザインすると秋らしい雰囲気がでます。また、紅葉シーズンなので、ちょっと渋めの黄色などやブラウン系のネイルなども秋っぽい色でデザインができます。ブラウン系のネイルに、ゴールドのラメラインやブリオンなどをつかってデザインなども秋の気配がでます。

口コミ・評判ランキング

ジェルネイルキット通販なら「ソルースジェル」

ソルースジェルは女性たちがさらに陽のあたる華やかな場所へと歩んでほしい、 そんな願いを込めたネイルブランドです。カラーの豊富さで大人気!

公式サイトはこちら

ジェリーネイル

マニキュアより簡単にお家でできる、うるツヤジェルネイル!

JELLY NAIL【ジェリーネイル】のネイルキットが届いたその日からいつでも手軽にセルフジェルネイルが楽しめます!

ネイルサプライ

ネイル用品、デコ、美容各種商材が激安のネイルサプライでは大人気ジェルネイルキットが多数取り揃えられており、ジェルネイルキットをお探しの方におすすめですよ。

基礎知識

メーカー毎の口コミ

ネイルアート

ジェルネイル活用術