ジェルネイルキットの口コミ・評判ランキング
ジェルネイルキット口コミ > ジェルネイル活用術 > 花嫁ネイル活用術・テクニック

花嫁ネイル活用術・テクニック


花嫁ネイル活用術・テクニックについて一般の方の声を集めて紹介します。

華やかなドレスに似合う、ややヌーディカラーで清らかさを演出

花嫁となるとウエディングドレスやカラードレスが華やかなイメージですし、メイクも小物も煌びやかな物に包まれます。そこにまたもやカラーなごてごてのネイルをすると、子供っぽくみえたり、写真でみるとまとまりがなくみえます。花嫁ネイルは、全体感がとても大事だといろいろな挙式に出て、また自身も経験して思いました。色としては原色は使わずに、春夏ならヌーディカラーのピンクやゴールド系、秋冬ならブラウン系などのヌーディを使うとよいと思います。手だけをアップにとったりする写真もあるので、艶感を重視して色を選びます。すると指輪もはえますし、指も女性らしくみえます。ヌーディカラーだけだと寂しいので、ストーンをポイントでのせると華やかさがプラスできます。自身の誕生石や旦那の誕生石、またはパールでもとても合うと思います。

人とかぶりたくない人必見、写真映えする花嫁ネイル。

自分の結婚式に向けてネイルをどうしようか考えて、ネットでも色んなデザインを調べながら悩んでいました。悩んでいくうちに、かわいいものはたくさんあるけれど、せっかく一生に一度の結婚式だから、その日にしかできないネイルにしたいと思うようになりました。そこで思いついたのが、新郎新婦のイラストのデザインネイルにすることでした。左の薬指に新婦、左の中指に新郎のイラストをネイリストの方に描いていただきました。新婦はベールとネックレスもさりげなく描いてドレスを着ているようなイメージ、新郎はタキシードを着ているようなイメージで、髪型も本人に似せて描いてもらいました。他の指はシンプルにフレンチネイルにしました。結婚式ならではのネイルで当日の写真では手のアップを撮ってもらい、アルバムを見るたびにこのネイルにしてよかったと一生の思い出の一つになりました。

結婚式にぴったりなオススメにじませネイル

先日自分自身の結婚式を迎えるにあたり、ジェルネイルをどのようなデザインにしようかとても悩みました。そのときにふと、結婚式で使うブーケを思い浮かべました。ブーケは花の色の組み合わせにもこだわりぬき、イメージ写真の時点でとても満足していました。そのため、花嫁らしく白色をベースにしネイルにもブーケのイメージを持たせてもらおうと考えました。普通の花を書いてもらうのではなかなかブーケの柔らかいイメージにはならないのではと考え、ブーケの色から何色か選び、その色をにじませてブーケのように仕上げてもらいました。全部の指をそのデザインにするのではなく、指輪をハメる左手の薬指と右手も一本だけにブーケをイメージしたネイルにしてもらい、他の指はシンプルに逆フレンチで仕上げてもらいました。当日は友人たちに大好評で、結婚式の写真にも映えとても満足できたのでオススメです。

彼の両親へ挨拶する時に好感度アップ、かつ清潔感を保てるホワイトネイルがおすすめ

彼のご両親へいざ挨拶!と言った時に、服装ももちろん重要ですが目が行き勝ちなのは、やはり手先です。その際に、「どんなネイルなら好感を持って貰えるか」と言うところが大切になってきます。やはり、清潔感と服装を選ばない色味となりますのでホワイト系か薄いピンク系がオススメです。今回はホワイトの色味をベースに、パールをさりげなくアクセントにした活用術です。①下準備②ジェル(ベース)※もし、挨拶までに日にちがある様でしたら爪が弱い方やジェルが外れやすいという方は先に「プライマー」を爪に塗布してください。③ホワイト(ホワイト、もしくはパール入りホワイト)④ジェル(トップ)⑤パール 1mm~3mmを薬指、小指など細い指に付ける※女性らしく、小さな動作も綺麗に見せてくれます。⑥ジェル(トップ)トップによっては、紫外線などで色褪せたり変色が起きやすいですので、日にちがある場合は直前に表面のみ削って磨いて下さい。(リューター、サンボード)トップのみが変色し、ホワイトの色味自体は綺麗ですので短時間で修復できます。季節ものの同系色のホワイトのシール(雪、クリスマスなど)を乗せると季節感も出ますので、より可愛く仕上がります。また乾燥やジェルが剥がれる心配のある場合、日頃こまめにネイルオイルを塗ってケアしてください。スティックタイプなど外出先の場所を問わずに塗れますので、爪先のつや感を出しつつ潤いも与えてくれるのでオススメです。

クリア×白で王道のウェディングネイルがおすすめ

私自身も3年前に結婚式を挙げましたので、ウェディングネイルについては嫌というほど調べつくしました。その中でもやはり人気だったのはホワイトです。私は純白のドレスとしっかりマッチするように、クリアネイルをベースにして白で花柄の模様を細かく入れてもらいました。その際に、薬指にはティアラの模様を描いてもらい、ストーンも一緒につけてもらいました。パッと華やかになるのでおすすめです。カラードレスを着る方はその色に合わせてもいいと思いますが、赤などはドレスと合わせると変に浮く可能性があるので、避けた方が無難かもしれません。結婚式の時は婚約指輪のアップ写真なども撮りますので、ネイルは見栄えがいいものにした方がいいと思います。

花嫁をより美しく引き立てるのは、純白ドレスに似合う清楚なネイルアレンジ

花嫁というと純白ドレスを想像するのではないでしょうか。そんな花嫁に似合うのは、ドレスに似合う清楚なネイルです。王道の白のグラデーションやフレンチは人気ですが、さらに清楚な女性らしさを出すのにおすすめなのがお花のアレンジです。そのお花をブーケに合わせたカラーにすると、お写真を撮るときなど全体的に統一感もでます。フラットなアートも素敵ですが、普段ネイルが出来ない方が思いっきり豪華にするなら、3Dのお花やストーンの敷きつめ、王冠に見立てたビジューネイルなど立体的なデザインを楽しんでみるのもいいですね。白はどのカラーにも合うので、カラードレスも着る方にもおすすめですし、白にカラードレスの色を組み合わせたネイルアレンジもできます。

結婚式後オフィスでもそのまま使えるシンプルだけどかわいいネイル

結婚式だからかわいくゴージャスにしたい!でもすぐにとるのはもったいない、オフィスでもつけていたいという人におすすめ!すべての指に透明をベースに指先を白のフレンチネイルにします。ラメを全体にのせて華やかにします。両手の薬指のみ白の花の模様とストーンをちりばめ、薬指だけゴージャス感を出します。ラメとストーンが花嫁にばっちりです!実際、このネイルにして結婚式でもオフィスでも評判がよかったです。女性のお客さんにすごくかわいいねとたくさん声をかけてもらいました!結婚式後にオフィスでもつけていたいと思う方は、一本だけゴージャスにして、ほかの指をシンプルにしていたら、派手すぎないけど結婚式でジェルネイルする楽しみになりますよ。

花嫁らしく、白いウエディングドレスに似合うジェルネイルの選び方

花嫁のジェルネイル選びには特徴があります。衣装(白いウエディングドレス)に映えるジェルネイルであること、また、結婚指輪や結婚式場のイメージに合わせる必要もあります。私のオススメは、定番にはなりますが、シンプルなフレンチネイルデザイン。結婚指輪の宝石が見栄え負けてしまわない程度なら、多少ジェルネイルに石を散りばめることも可能でしょう。フレンチ部分に柄を入れることもできますが、ネイルが主役になってしまわないように注意が必要です。何かと花嫁の手元は結婚式参加者の目に留まりやすいので、上品で優雅に見えるデザインであること、そして、お年寄りから若者まで、あらゆる年齢層に万人受けするようなデザインであることが一番重要です。

大事な結婚式にはぜひ爪が綺麗に見えるものを

一生に一度の大切な結婚式。普段全くネイルをしない人でも自分の結婚式ではする人が多いのではないでしょうか?そんな花嫁さんにオススメのネイルはやっぱりいつもより少しストーンの多いネイルです!写真を撮る機会が多いですしリングのアップの写真も撮る可能性があります。指先が綺麗に輝いているだけでとても印象がアップします!また、カラー花嫁さんということで白色はもちろんオススメですが例えばお色直しのカラードレスがすこしビビットなカラーだと爪の白が清楚過ぎてしまうことがあります!バランスが大切なのでホロの入ったクリアーなものはオススメです。光の当たり具合によってホロの色が変わりますしさらにキラキラ輝いてみえるストーンをつけてもいいと思います。お色直し後のことも考えたネイルアートがおすすめです!

花嫁ネイルはフレンチが王道!左手薬指だけポイントをつけるのがおすすめ

花嫁ネイルで一番おすすめなのは、フレンチです。フレンチは、派手すぎず、地味すぎず、バランスが良いことと、和装でも洋装でも違和感なくなじむという まさに花嫁のためのネイルデザインといえます。また、花嫁は不特定多数の人に見られるという立場でもあるので、ある程度上品さを保ちたいところですが、ご年配のゲストによってはジェルネイル自体に慣れていない方もいるかもしれません。そういった意味でも、フレンチはあらゆるネイルデザインの中でダントツの上品さや清純さがあり、老若男女にウケがいいデザインでもあり、花嫁が安心して選ぶことができます。おすすめテクニックは、左手薬指だけにアクセントをつけるようにストーンやスタッズなどでデザインを変えること。これは主役である花嫁だけにゆるされたテクニックですので、ぜひためしてくださいね!

一生に一度のウェディングドレス。指先までこだわることが必須。

昨年挙式・披露宴を経験しました。その際感じたのは、「一生一度の結婚式は指先までこだわるべき」と言うことでした。普段は職業柄シンプルなネイルをしているのですが、自分がどんな衣装を着るかによってデザインも幅広く変化すると思います。私の場合は神前式の白無垢から披露宴の赤色打ち掛け、最後に白のウェディングドレスと言った流れでの衣装プランでしたので、和装と洋装両方に合わせることを強く意識しました。ヘアスタイルも胡蝶蘭を取り入れた髪飾りにしたので、全体の構図が決まった上で、胡蝶蘭を取り入れたネイルにしました。シンプルな衣装であれば、ゴテゴテした派手なネイルは目立ちすぎてしまいますし、ゴージャスな衣装にシンプルすぎるネイルだとものたりなくなったりもしてしまうため、たかが爪の小さな部分ではありますが、全体のバランスをシッカリ考えた上で選択することがおすすめです。

派手過ぎないナチュラルカラーがオススメ!

花嫁さんは、指輪の交換や指輪をはめた写真を撮ることもあり、指も注目されます。指輪を引き立たせる為にも薄いピンクをベースにし、指先にラインストーンを置いたりする位をオススメします。薄い色をベースにしておくと、純白のドレスにもお色直しをした時にも合うように思います。あまり派手な色や何色も使うことはオススメしません。また、ジェルネイルは一度塗るとまず取れるということがありません。誤って取れてしまうことがないのはとても便利になった反面、挙式後もそのまま落とせないということがあります。薄いピンクベースでしたらその後仕事でも使える可能性が高いです。さらに、もし挙式後にすぐ新婚旅行に行くことになっていても、薄い色でしたらどんなシーンや服装にも合わせることができると思います。

口コミ・評判ランキング

ジェルネイルキット通販なら「ソルースジェル」

ソルースジェルは女性たちがさらに陽のあたる華やかな場所へと歩んでほしい、 そんな願いを込めたネイルブランドです。カラーの豊富さで大人気!

公式サイトはこちら

ジェリーネイル

マニキュアより簡単にお家でできる、うるツヤジェルネイル!

JELLY NAIL【ジェリーネイル】のネイルキットが届いたその日からいつでも手軽にセルフジェルネイルが楽しめます!

ネイルサプライ

ネイル用品、デコ、美容各種商材が激安のネイルサプライでは大人気ジェルネイルキットが多数取り揃えられており、ジェルネイルキットをお探しの方におすすめですよ。

基礎知識

メーカー毎の口コミ

ネイルアート

ジェルネイル活用術